KATO ED62 3084 7d0dbzblt41086-車両

4マスの中ではもっとも広告市場規模が小さく
震災がれき焼却に関する内容と疑問を確認する
3%…働き方改革のサラリーマンへの浸透の実情をさぐる(2019年版)

末子の年齢別に「仕事あり」の母親の割合をさぐる(2019年公開版)

ランキング

女性アナが安倍陣営の出陣式について「もう無投票と決まってるのに

純資産ランキング

「回転寿司店で寿司を注文しない」はアリかナシか

騰落率ランキング

先日発表された調査結果では8割をゆうに超え
iPadに加えキンドルなどのAndroidの廉価な商品が相次ぎ発売され

ファンドレター

スマートフォン利用普及率85%に達した現在の高校生

レポート

お知らせ・プレスリリース

ED62はコンパクトでまとまった車体に中間台車を持つ下回りの独特なスタイルが特徴で、ED61の回生ブレーキ等を撤去、飯田線等の線路規格の低い線路に対応するため、軸重軽減のために1軸の中間台車を装備した形式です。飯田線既存のED18、ED19の後継機として活躍しました。
カトー Nゲージ鉄道模型



●実車と製品について
ED62はコンパクトでまとまった車体に中間台車を持つ下回りの独特なスタイルが特徴で、ED61の回生ブレーキ等を撤去、飯田線等の線路規格の低い線路に対応するため、軸重軽減のために1軸の中間台車を装備した形式です。飯田線既存のED18、ED19の後継機として活躍しました。
●製品の特徴
◆プロトタイプは昭和53年(1978)前後の伊那松島機関区所属機で設定。ジャンパ栓撤去後・列車無線アンテナなし、Hゴムライトグレー、助手席側ワイパー原形、解放テコ青で設定。
◆ライトユニットは電球色のLEDを採用。
◆輪心はボックスタイプを適用。
◆スノープロウ装備の形態で再現。
◆選択式ナンバープレート・メーカーズプレート採用。ナンバープレートは「3」「5」「15」「17」、メーカーズプレートは「川崎」「東芝」
◆最少通過半径 R249mm

KATO 3084 ED62
スマートフォンの普及により一挙にインターネットが身近になったのは大人だけに限らない
大和投資信託からみなさまへ