1/72 プラモデル[DRR60669] ディエップ 1942 w/渡渉デバイス チャーチルMk.III イギリス軍 WW.II 9cea1azff62271-ミリタリー

《この映画には沖縄らしい青い空も海も出てきません
先輩(=モンパチのメンバー)から歌詞の意味を教わるなんてことはしませんでした
最高の回答率を示したのは「愛猫とのスキンシップ」

色々と複雑な気分にならざるを得ないのは言うまでもない

1 / 504

日本中の無関心な人にこそ映画を届けたいと思ったんです

「実車について」第二次世界大戦でイギリス軍が開発した歩兵戦車がチャーチル戦車です。
1941 年に歩兵戦車 Mk.IV として制式化。
細長いディメンションや車体上部まで回り込んだ履帯の取り回しが特徴で厚い装甲を持つ防御力の高さが特徴でした。
大戦中改修や改良を常に行いながら、終戦まで生産が続けられたのです。
初期タイプは榴弾砲を搭載していましたが、6 ポンド砲の生産がはじまると、当初の計画通り、チャーチル戦車の主砲として搭載。
この 6 ポンド砲を搭載した最初のタイプが Mk.III です。
チャーチル戦車は特殊なディープ・ウェイディング・デバイスを装着することが可能で、ある程度の水深まで走行が可能な能力を持っていました。
1942 年 8 月にフランスのディエップに上陸を目指した連合軍の奇襲作戦、ジュビリー作戦で初陣を飾ったチャーチル戦車の中にはこうしたデバイスを装着して参加した車両も見られたのです。
上陸作戦は残念ながら失敗に終わりましたが、投入されたチャーチル戦車はドイツ軍の反撃の中、海岸をめざし奮戦したのです。
「モデルについ
組み立て、塗装が必要な製品



商品コード2BBS8D4WKX
商品名ドラゴン 1/72 WW.II イギリス軍 チャーチルMk.III w/渡渉デバイス 1942 ディエップ プラモデル
ブランドドラゴン
メーカー型番DRR60669
商品仕様組み立て、塗装が必要な製品。
別途、工具、塗料等が必要。

言語:フランス語
「実車について」第二次世界大戦でイギリス軍が開発した歩兵戦車がチャーチル戦車です。
1941 年に歩兵戦車 Mk.IV として制式化。
細長いディメンションや車体上部まで回り込んだ履帯の取り回しが特徴で厚い装甲を持つ防御力の高さが特徴でした。
大戦中改修や改良を常に行いながら、終戦まで生産が続けられたのです。
初期タイプは榴弾砲を搭載していましたが、6 ポンド砲の生産がはじまると、当初の計画通り、チャーチル戦車の主砲として搭載。
この 6 ポンド砲を搭載した最初のタイプが Mk.III です。
チャーチル戦車は特殊なディープ・ウェイディング・デバイスを装着することが可能で、ある程度の水深まで走行が可能な能力を持っていました。
1942 年 8 月にフランスのディエップに上陸を目指した連合軍の奇襲作戦、ジュビリー作戦で初陣を飾ったチャーチル戦車の中にはこうしたデバイスを装着して参加した車両も見られたのです。
上陸作戦は残念ながら失敗に終わりましたが、投入されたチャーチル戦車はドイツ軍の反撃の中、海岸をめざし奮戦したのです。
「モデルについ


1/72 WW.II イギリス軍 チャーチルMk.III w/渡渉デバイス 1942 ディエップ プラモデル[DRR60669]